分譲住宅の探し方

分譲住宅の探し方ですが、物件やハウスメーカーの探し方、選び方など、素人には知らないことばかりです。決して安くない買い物をするのですから、十分納得のいく物件を手に入れるために探し方はチェックしておく必要があります。

まずは室内空間ですが、空間の雰囲気を感じることが大切です。直感的な感覚と言うものはなかなか馬鹿にできません。やはり人間の感覚というものは鋭いもので、直観でよくない物をかぎ分ける臭覚があります。何か違和感があれば、それが何なのかチェックするようにしましょう。

次はキッチン周りです。調理、配膳、後片づけ等、奥さんの仕事は毎日です。やはりこういった細かいところに気を付けないと、家庭円満というわけにはいかなくなるかもしれません。奥さんの意見を確認して、使い勝手の良いキッチンにしましょう。

最後に、建物の外観です。隣近所との位置関係や、窓の位置、玄関の向きなど、プライバシーに関する部分は慎重にチェックしたいものです。窓やドアの開け閉めの際に家の中が丸見えでは、なかなか心が休まりません。また、植木や塀で死角になるような場所がないかも防犯的な観点からチェックしておきたいです。外観のついでにですが、子供を家の近くで遊ばせても大丈夫な所を探しておきましょう。分譲住宅を紹介しているポラスでは、分譲地専用の道路があります。その為、車の通りが少ないので、公共の道路よりはふとした危険は少ないでしょう。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

分譲地内の道路は広いですし、分譲地内専用の道路なので車の通りも少なく、 なんといってもご近所の方が気にしてくれているので、今では安心して子供を遊ばせてます。

最後に、庭の広さや、駐車場スペースなども必要十分であるか確認しておきましょう。すべてを満たした上で、お気に入りのデザインであれば言うことはありません。

分譲住宅購入の基礎知識

分譲住宅を購入する前に、知っておきたい基礎知識があります。分譲住宅は一生ものの買い物で決して安い買い物ではありません。慎重すぎるくらいでちょうどいいのです。分譲住宅を購入、検討する時の悩みを少しでも軽減できるようにしたいものです。

ある調査によると、小学校入学前の子どもを持つ家庭の約6割が、分譲住宅は家族や子どものために購入するそうです。入学後に転校しなくて済むように、十分な広さでのびのびと育てたいという親心が、家探しの目的になっているようです。かつて日本住居に根付いた縁側は、和風住宅特有のもので、おじいちゃんおばあちゃんや、家族や友人との憩いの場でした。最近では、洋風住宅でも縁側に変わるテラスやデッキが増えているようです。これは、家庭における家族のコミュニケーションが見直されてきているためです。

次は間取りですが、家族のコミュニケーションにおいて、分譲住宅の間取りは階段が重要な役割を果たします。階段は、1階と2階のハブとなるため、ここを家族との接点とすることで、否が応でも何らかのコミュニケーションがとりやすくなります。

分譲住宅は窓が多いことも特徴です。一戸建ての窓の数は集合住宅の5倍以上とも言われています。つまり住居内はその分明るく、自然の光が差し込む健康的な空間を提供してくれます。明るさは分譲住宅ならではの魅力といえます。

分譲住宅購入のメリット

分譲住宅購入のメリットですが、まずは生活音を気にしなくてもいい点です。子どもはじっとしていられないので、飛んだり跳ねたりしてしまいます。しかし、のびのびと育てるためには、こういった些細な生活音でしかりつけるのは教育上よろしくありません。一戸建ての分譲住宅なら、ご近所への音を気にしなくてすみます。

次は、一戸建てならではの部屋数です。分譲マンションと比較すると、一般的には4LDK以上の間取りが定番と言われています。また二階の間取りを将来変更することができる場合もあり、子どもが小さいときは2人部屋で、一人部屋が欲しくなる年齢になったら、それぞれの個室にするなどしてレイアウトにバリエーションを持たせることができるのも分譲住宅ならではの魅力と言えます。

最後に、一戸建てのメリットは庭です。子育てにおいて、庭で遊ぶことから吸収することはとてもたくさんあります。植物や昆虫、草木の香り土いじりなど、子供は庭で育つと言っても過言ではありません。少々動き回って、転んだりしても芝生のお庭があれば、大した怪我をすることはありません。庭でお父さんやお母さん、兄弟と遊んだ経験は、将来かけがえのない思い出になるに違いありません。お庭で遊べるのが何よりのメリットになるでしょう。

分譲住宅を購入する時のポイント

新居の購入を考える際、まずは大きくマンションなのか分譲住宅の様な一戸建てなのかで迷います。実際どちらを選ぶかは悩ましいところです。そこで、住みやすさ、将来性、設備などを考慮して、実際の購入者の決め手となった理由を比較してみました。

ますはマンションですが、セキュリティー面での安心があげられました。マンションは集合住宅なので、多くの目があるため防犯上一定の効果はありそうです。また最近では防犯カメラが設置されているマンションも多く何かあっても、後で状況を確認することができます。また、エントランスはセキュリティードアが設置されており、住人以外の出入りができない仕組みになっている場合が大半です。また、マンションは比較的利便性の高いエリアにあり、公共施設や学校、公共交通機関や商業施設に比較的アクセスしやすい傾向にあります。数十年生活することを考慮すると、生活における利便性は優先順位の高い要因です。さらに、管理メンテナンスが楽なことです。マンションは管理組合を住人で運営しており、共有部分の清掃などは管理組合が実施してくれます。

次は分譲住宅の場合ですが、まずは上下階の騒音に悩まされません。集合住宅はどうしても隣接密集しているため生活音を完全にシャットアウトすることが難しいですが、分譲住宅の場合は近隣の住宅と離れているためそういった騒音に悩まされることはありません。

次は土地を所有できる事です。将来土地の価値は安定して残ります。必要であれば、好きな時に住居の建て替え等を行うことが可能です。また、駐車場代がかからないというメリットもあります。駐車場代も長期となれば馬鹿になりません。