分譲住宅を購入する時のポイント

新居の購入を考える際、まずは大きくマンションなのか分譲住宅の様な一戸建てなのかで迷います。実際どちらを選ぶかは悩ましいところです。そこで、住みやすさ、将来性、設備などを考慮して、実際の購入者の決め手となった理由を比較してみました。

ますはマンションですが、セキュリティー面での安心があげられました。マンションは集合住宅なので、多くの目があるため防犯上一定の効果はありそうです。また最近では防犯カメラが設置されているマンションも多く何かあっても、後で状況を確認することができます。また、エントランスはセキュリティードアが設置されており、住人以外の出入りができない仕組みになっている場合が大半です。また、マンションは比較的利便性の高いエリアにあり、公共施設や学校、公共交通機関や商業施設に比較的アクセスしやすい傾向にあります。数十年生活することを考慮すると、生活における利便性は優先順位の高い要因です。さらに、管理メンテナンスが楽なことです。マンションは管理組合を住人で運営しており、共有部分の清掃などは管理組合が実施してくれます。

次は分譲住宅の場合ですが、まずは上下階の騒音に悩まされません。集合住宅はどうしても隣接密集しているため生活音を完全にシャットアウトすることが難しいですが、分譲住宅の場合は近隣の住宅と離れているためそういった騒音に悩まされることはありません。

次は土地を所有できる事です。将来土地の価値は安定して残ります。必要であれば、好きな時に住居の建て替え等を行うことが可能です。また、駐車場代がかからないというメリットもあります。駐車場代も長期となれば馬鹿になりません。