分譲住宅購入の基礎知識

分譲住宅を購入する前に、知っておきたい基礎知識があります。分譲住宅は一生ものの買い物で決して安い買い物ではありません。慎重すぎるくらいでちょうどいいのです。分譲住宅を購入、検討する時の悩みを少しでも軽減できるようにしたいものです。

ある調査によると、小学校入学前の子どもを持つ家庭の約6割が、分譲住宅は家族や子どものために購入するそうです。入学後に転校しなくて済むように、十分な広さでのびのびと育てたいという親心が、家探しの目的になっているようです。かつて日本住居に根付いた縁側は、和風住宅特有のもので、おじいちゃんおばあちゃんや、家族や友人との憩いの場でした。最近では、洋風住宅でも縁側に変わるテラスやデッキが増えているようです。これは、家庭における家族のコミュニケーションが見直されてきているためです。

次は間取りですが、家族のコミュニケーションにおいて、分譲住宅の間取りは階段が重要な役割を果たします。階段は、1階と2階のハブとなるため、ここを家族との接点とすることで、否が応でも何らかのコミュニケーションがとりやすくなります。

分譲住宅は窓が多いことも特徴です。一戸建ての窓の数は集合住宅の5倍以上とも言われています。つまり住居内はその分明るく、自然の光が差し込む健康的な空間を提供してくれます。明るさは分譲住宅ならではの魅力といえます。